読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藍と紺 〜 indigo navy 〜

ココロ潤う モノやコト

50記事達成‼️

日記

 

まだまだ、初心者。

 

もっともっと、経験。

 

継続は力なり。

 

一歩一歩、謙虚に、マイペースで。

 

 

 

最近の “Made in U.S.A.”

モノ 買物

 

"MADE IN U.S.A"の今

 

 

Made in U.S.A by ...

 

持つ、あるいは身につける側として、あまり

メイド・イン・USA にこだわりすぎるのは

よくないようです。

 

多くが「(移民の)◯◯人による米国製」で、

憧れだった “HAND CRAFTED WITH PRIDE”

を享受することは一般的ではないのが実情の

ようです。

 

例えば衣料品の生地にしても、"DOMESTIC"

よりも、"IMPORTED" の方が、圧倒的に多く

目にしますし、お隣りのカナダと比べても、

勢いや品質など明らかに「差」を感じます。

 

はたして、かつての職人さんたちの高い技術

と"PRIDE"は受け継がれているのでしょうか。

 

 

 

この数年間に出逢った米国製品

 

そんな事情をなんとなく感じつつも、米国製

品を求め続けています。

 

しかし残念ながら、日本、カナダ、欧州製品

に比べ、必ずしも魅力があるとはいえません。

 

某有名経営者が言うように、確かに最終組み

立て地や縫製地がどこかという問題ではない

でしょう。

 

それでも、ハワイやカリフォルニア、西海岸、

中西部といったワードに思いを馳せる日本人

は、少なくないのでは⁉️

 

コーヒー、コットン、ジーンズ(デニム)に

ワークブーツ、そしてクルマ…。

 

 

あの眩い輝きよ、再び‼︎

 

 

f:id:i-kon:20170303131515j:plain

 

 

f:id:i-kon:20170303131612j:plain

 

 

f:id:i-kon:20170303131704j:plain

 

f:id:i-kon:20170303131755j:plain

 

f:id:i-kon:20170303131828j:plain

 

 

 

MADE IN U.S.A.

モノ

憧れだった “Made in U.S.A.” 

 

念のため。政治的な意図は全くありません。

まあ、語ろうとしてもロクにできませんが…。

 

 

20世紀、私にとって「アメリカ」は憧憬の的

でした。

 

まわりのオトナたちから「アメリカかぶれ」

などと白い目で見られるほど、夢中でした。

 

映画、音楽、クルマ、文学、ファッション•••。

 

どれも、それぞれが今より密接に絡み合うよ

うに、輝いて見えました。

 

いや、きっと輝いていたんだと思います。

 

 

 

そこで、いまあらためて身の回りを見渡すと、

“Made in U.S.A.” の「モノ」に、今も変わら

ぬ愛着をもっている自分に気づきます。

 

 

f:id:i-kon:20170302153754j:plain

 

 

特に、“(HAND)CRAFTED WITH PRIDE” に

ヨワイんです…。

 

 

f:id:i-kon:20170302153828j:plain

 

 

 

なが〜いつきあい

 

20世紀から愛用している、年季の入った品々。

どれも現役で、毎シーズン休むことなく(‼︎)

活躍してくれています。

 

 

f:id:i-kon:20170302165534j:plain

 

 

f:id:i-kon:20170302165641j:plain

 

 

f:id:i-kon:20170302165732j:plain

 

 

f:id:i-kon:20170302165856j:plain

 

 

↓ コチラにも・・・

 

i-kon.hateblo.jp

 

 

i-kon.hateblo.jp

 

 

 

パンとエスプレッソと、湘南と‼︎

神奈川

 

BREAD, ESPRESSO &

 

素晴らしいネーミングセンスですよねー。

 

アクトコール(東京)さんのグループ会社、

日と々と(ヒトビト)さんが運営する、

ベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」

 

bread-espresso.jp

 

東京に7店舗、神奈川に1店舗、大阪に3店舗

を展開(2017年2月現在)しているそうです。

 

 

湘南と❣️

 

時おり立ち寄るのは、やっぱり神奈川・辻堂

にある「パンとエスプレッソと  湘南」

 

神奈川唯一のお店ということもあるけれど、

私にとってとても居心地のいい場所です。

 

海からそう遠くなく、鉄道駅周辺の雑踏から

は離れた、「湘南T-SITE」内にそのお店はあ

ります。

 

湘南T-SITEについてはまた別の機会に書くと

して…。

 

 

フレンチトースト

 

パンとコーヒーはもちろんですが、15時から

メニューに載るフレンチトーストが好き。

 

あつあつのスキレットで提供される、ふわふ

わ、でもミミしっかりのフレンチトースト。

 

それは独特の食感。。

 

はちみつをたぁ〜っぷりと。。。

 

 

ほろ苦いエスプレッソと至福の午後・・・❣️

 

 

なんて、そんな優雅で贅沢なひと時を、次は

いつすごせるかな〜〜⁉️

 

 

 

百貨店の使いみち(その2)

 

名物 竹田の油あげ

 

1月下旬、そごう横浜店のある催しに足を運ん

できました。

 

i-kon.hateblo.jp

 

 

その日の目当てはこちら。

 

f:id:i-kon:20170227164105j:plain

 

日本で唯一の「油あげのレストラン」だそう

です。

 

www.taniguchiya.co.jp

 

 

北陸新幹線が開通したとはいえ、越前・竹田

は神奈川からは遠い…。

 

 

待ってました! 谷口屋さん‼️

 

誘致してくれたそごう横浜店に敬意を払いつ

つ8階へ。

 

催会場はなかなかの盛況。

 

昼どきをややずらし、お腹を空かせてイート

インに勇んで駆け込みました。

 

早速目当ての定食の注文を済ませると、親切

な食べ方指南が。

 

f:id:i-kon:20170227165326j:plain

 

ん〜、ますます食欲がそそられる!

期待も高まる一方です。

 

程なくして、来ました‼️ 待望の油あげ❣️

 

f:id:i-kon:20170227170917j:plain

 

 

美味しさが伝わるか不安ですが…

 

撮影がヘタな上に慌てて撮ってこんな感じに。 

でもきっと伝わる!

 

見てください、この堂々とした油あげ‼︎

 

ふっくら パンパン‼️もちろん熱々❣️

揚げたては、まさにパンパンです。

 

オススメの食べ方にならって、

 一、そのまま

 二、越前塩で

 三、大根おろしとネギに「あげステーキのた

        れ」で

 

大•大•大満足‼️

 

 

 

神奈川で堪能する「リアル」

 

油あげの大きさこそ想像どおりでしたが、完

食して意外なほど満腹感がありました。

 

コスパも相当高く感じ、神奈川にいながら、

揚げ師による実演(販売)を堪能しました。

 

(現地の工場直結レストランでは、栄養価

   とボリュームを考えられてか、もう2、3

   皿ほど小鉢が追加された「油あげ御膳」

   が味わえるそうです。

   いつか訪れてみたいな。)

 

 

 

ところで、写真では隠れてしまったけれど、

 

「あげの佃煮」❣️❣️❣️

 

も、予想以上に美味だったことを書き添えて

おきます。