読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藍と紺 〜 indigo navy 〜

ココロ潤う モノやコト

GSX906

物欲

 

2016年5月、モノ好きな私にとって、ある

転機が訪れました。

 

美容院で、普段あまり読むことのない雑誌

に何気なく目を通していると、急に物欲が

湧いたのです。

 

その対象が、この GSX 906 。

 

f:id:i-kon:20170107154724j:plain

 

アナログ万歳❣️

いまこそゼンマイで動く機械式時計⁉︎

 

この数年(いや10年以上か)、携帯電話を

時計がわりにしていたのに、なぜ???

 

でも、アナログ感ある機械式時計に魅力を

感じ始めたのも、唐突なようで、いま思え

ばそれほど不自然な気がしません。

 

巷でもレコードやカセットテープの人気が

再燃しているというし…。

 

使っているうちに、しだいに愛着が増して

くるのも解る気がします。

 

それにしても、自分でもチョットびっくり。

 

 

f:id:i-kon:20170107154753j:plain

 

上を見ればキリない世界

 

これまでも、レトロ感のある機械式時計に

全く興味がなかったわけではありません。

 

でもお値段が張ると、あえて目をそらして

いたり…。

クルマが買えるんじゃない?、なんて。

 

決め手は、

 💮 10万円以内

 💮 JAPAN MADE

 💮 造り手に熱い想いやコダワリを感じる

                                                        でした。

 

 

 色はやっぱり紺色です!!

 

そんなこんなで機械式時計デビュー。

 

発売して間もない GSX906 を手にしてか

ら、はや半年以上。

 

現在も変わらず愛用しています。

 

フェイスカラーはもちろんネイビー!

(正式には「ブルー」です)

 

クォーツやデジタルとちがい、毎日少し

ずつ進みすぎたり遅れたりもしますが、

電池交換する必要がないのもいいですね。

 

あたりまえかもしれませんが、今も着実

に時を刻んでいます❗️

 

 

 

ブログで初めてリンクを貼ってみました!

👇

GSX906Line | GSX オフィシャルサイト